Orion Way

フォトブログ・我が心の風景

土門拳記念館 2018-4-28 昼下がり

 

土門拳記念館、林忠彦 VS 土門拳記-宙玉()そらたま

1

 

4月28日は、朝に土門拳記念館(正確には飯盛山公園)に行き、昼過ぎに再び行きました。このときは記念館の中に入り特別展の「林忠彦 VS 土門拳」を鑑賞しました。

林忠彦という写真家を知らなかったのですが、今回初めて彼の業績を知り作品に触れることが出来ました。

林忠彦の作品、良かったです。土門拳の写真と林忠彦の写真どっちが好きか?と問われれば、林忠彦と答えたくなる、そのような気持ちになりました。

私が目指す写真の方向性は、林忠彦の方に近いかなと思いました。

林忠彦は私にとっての「道しるべ」の一つになりました。

 

林忠彦 VS 土門拳」を鑑賞した後は、土門拳の弟子二人によるトークショーに参加しました。お弟子さん二人の笑いを交えた軽妙なトークと、土門拳の人柄が偲ばれ楽しいものでした。

トークショーの最後には、展示されていた土門拳が使っていたカメラのファインダーを覗くことができました。

 

記念館を出た後は、飯森山公園内の満開の「サトザクラ」を宙玉(そらたま)で撮りました。久しぶりの宙玉、宙玉撮影の感覚を忘れ「絞り」が浅かったかなぁと反省です。

 

土門拳記念館2018-4-28、宙玉(そらたま)撮影-その1

2

 

土門拳記念館2018-4-28、宙玉(そらたま)撮影-その2

3

 

土門拳記念館2018-4-28、宙玉(そらたま)撮影-その3

4

photograph by Michi K

 

ここまで読んでくださり、そして見ていただいて、ありがとうございました。